イベントや新コーナー、ウィンドウ情報などをお届け
by レポーターズ
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
<   2018年 05月 ( 13 )   > この月の画像一覧
ラッピングしてみました!ちゅるんと食べたい♪ミニゼリー
ブログの新コーナー♪ ”ラッピングしてみました!”が登場しました。
今後、丹波屋取り扱い商品のラッピング例をいろいろとご紹介していきますので、
よろしくお願いします。
今日のラッピングは、暑くなるこれからの季節、何個でも食べられちゃう
ミニゼリーのラッピングです♪

パッケージが大きめの商品なのですが、(直径16cm高さ20cmくらい)
こんな風に包めます。↓
a0125177_13574190.jpg
a0125177_13580072.jpg
a0125177_13582273.jpg


ギザギザにカットしたドット柄のラッピング紙で底をくるみ、フィルムで包み込んだらゼリーの色にあう、リボンを結んで出来上がり♪サテン地、オーガンジー、カーリングリボンなどなど、リボンは何本か重ねたり、色を組み合わせても素敵ですよ~。

ちなみに売り場で扱っているゼリーの味は、マンゴートロピカルアソートの3種類です。
コレステロールを含まないナタデココ入りのゼリーがたくさん入っているので、プレゼントで頂いたりしたらとってもうれしいですね♪ぜひぜひお試しくださーい。



a0125177_23375755.jpg
by tanbaya_goods | 2018-05-31 14:04 | ラッピングしてみました!
ほくほくとりてんが美味しい!「東京バッソ」で田舎そば

a0125177_14153892.jpg

GWも過ぎるとだんだんと汗ばむ季節・・・つるっとさっぱりしたものが食べたくなります。
なので、今日はさっぱりすっきりおそばかな!と丹波屋スタッフの中でも評判のとりてん&おそばのお店「東京バッソ」に行ってみました。

丹波屋から小伝馬町方面に向かい、馬喰町交差点を右、次に左に曲がるとシンプルな概観のお店に到着。

とっても人気のお店のようで、お昼の時間少しすぎたくらいだったんですが、店内はサラリーマンや女性のお客様で満席でした!なので丹波屋スタッフ3人で外で待つことに・・




a0125177_14411394.jpg

少し待っていると、先に「ご注文をどうぞ」と店内に案内頂いたので、それぞれ「とりてん&田舎そばセット」を注文。おそばは3種類あって好きなものを選べました。
田舎そば→豊かな風味とこし。昔ながらでおすすめ
更科そば→白く上品なそば。洗練された喉越しのよさ
だったんそば→噛めば広がる独特の風味。(当店がはじめての方にはおすすめしませんとのこと)

お会計を済ませると数字の入ったシンプルな札(?)をくれたので、記念に撮ってみました。
後からきたサラリーマンらしき方に「並んでますか?」と聞かれましたが、その方は時間が無かったのか待ちきれずに去っていかれました。。。やはり人気店?!

少しすると、テーブル席に座っていたおじ様がカウンターへ移動してくださり、3人でテーブル席につけることに。壁に向かってカウンター席があるので、女性のお一人様でも気兼ねなく入れるお店だなと思いました。


a0125177_14482418.jpg


雑談しながら待っていると、とりてんつきの田舎そばが登場~。私はおすすめの田舎そばを注文したのですが、並盛りでも十分の量。まずはほくほくで美味しい!と聞いていた「とりてん」から頂くことに。添えられたお塩をちょんちょんとつけて、ぱくり♪ほんとうにほくほくでやわらかくて美味しーい!!私はお肉全般脂身がどちらかといえば苦手なんですが、さっぱりほくほくで残さず食べきれました。

田舎そばは素朴な味に噛みごたえがありしっかりした触感。勝手なイメージですが、なんだか江戸っ子って感じ?
とりてんと交互に触感と味の違いを楽しみました。そえられたお箸は九州日出産の高級竹箸だそうで、食べやすくていいお箸だね!とやはり雑貨に目がいく丹波屋スタッフ3名でした。(ちなみに購入もできるようです)
とっても人気店のようなので、ランチタイムを少しずらすほうがいいかもしれません。
今日はさっぱりいきたいなーという日におすすめです。

<東京 バッソ 十割蕎麦>
〒103-0002 東京都中央区日本橋馬喰町1丁目3−11
月-金曜日 11:30~14:30、17:30~22:00 土曜日 11:30~14:30 日曜定休日
※メニューや営業時間など、スタッフが食べに行った時点でのものになります。ご了承ください。
a0125177_23375755.jpg

by tanbaya_goods | 2018-05-29 15:38 | ご近所ランチ情報
3階お菓子売り場に、遊園地パッケージのアメリカポップコーンが新登場!
a0125177_13454669.jpg
3階お菓子コーナーに新商品が入りました!
つやつやまぶしい色とりどりのパッケージはなんとアメリカ産のポップコーン

パッケージの柄はちょっとレトロな遊園地柄で、カラーによって味が違います。
中身を食べ終わってもパッケージが捨てられない・・・くらいの可愛さです!

レッド→ハラペーニョ(めずらしくておすすめ!)
ブルー→スウィート&シーソルト
ゴールド→バター
ブラウン→シナモン
ブラック→キャラメルと
バリエーションも豊富!

ご注文はこちらからどうぞ!→CONEY ISLAND CLASSICS(スモーキーバーベキューなど)
             →CONEY ISLAND CLASSICS(ハラペーニョなど)

a0125177_13521091.jpg
ポップコーンと合わせておすすめしたいお菓子たちもご紹介します♪
こちらはちょっとレトロなパッケージが素敵なプレッツェル。
お味はスモーキーバーベキュー、ソルトキャラメル、チーズピザと
お好きな味をお選びいただけます。

a0125177_13572681.jpg
ブラックパッケージはトリュフ味のオーガニックのポテトチップ。
ホワイトパッケージはイベリコ豚味です。
ポテトチップのオーガニックってチップスながら、健康志向で安心ですね。

ちょっとおうちでDVDを見ながら・・お友達と味をシェアして・・
美味しい時間を楽しんでくださいね。


a0125177_14054619.jpg

おさるが売り場で待ってまーす♪
a0125177_23375755.jpg

by tanbaya_goods | 2018-05-28 14:08 | 売場イベント・新コーナー
夏祭りが待ち遠しい!!! 4階ベビー&キッズコーナー
毎日暑い日が続きますが、いかがお過ごしでしょうか。
丹波屋4Fから旬なアイテムをご紹介いたします。
夏を快適に楽しめるキッズ甚平が入荷してきました101.png
       
                 
a0125177_16333666.jpg
夏真っ盛りです!


a0125177_16353110.jpg
サイズは70~90cmです。(SPOTのため完売の場合もございます。)
上代¥2,600~2,900
女の子はイマドキ仕様で可愛い113.png

a0125177_16355823.jpg
おとこのこの線香花火柄とか。
a0125177_16354576.jpg
ぜひ、涼みに丹波屋へお越しくださいませ102.png

a0125177_07031530.png
by tanbaya_goods | 2018-05-24 16:47 | 売場イベント・新コーナー
釉裏紅(ユウリコウ)さくらんぼシリーズ再入荷しました!
毎度お世話になっております。

2階売場の西村です。

入荷するたびに大好評の、

信楽焼 巌陶房さんの

釉裏紅さくらんぼのシリーズが再入荷しました!

a0125177_16235673.jpg
特にオススメは!
a0125177_16240690.jpg
高台湯呑です!

つかみやすく手に馴染む形状!

ゴブレットのような個性的なフォルム!

ワインカップにしてもおしゃれですよね!

ただし、信楽の土は粗く、

貫入からステインなどの色が入りやすいので、

その風合いの変化もお楽しみ下さい。

a0125177_16241525.jpg
5.5寸鉢もオススメです!

16.5×6cmほどのサイズで上代2,000円(+税)とお得感が有ります!

小丼ぐらいのサイズって使い勝手もいいですよね!

今回の入荷分が完売するとまたしばらく欠品が予想されますのでお早めに!

お仕入れ.NETからもご注文いただけます!

是非チェックしてみて下さい!

ご来店お待ちしております!

a0125177_16321353.png


by tanbaya_goods | 2018-05-23 16:39 | 売場イベント・新コーナー
はにわ文具始まっております
こんにちは。
本日は期間限定で展開中の【はにわ文具】をご紹介いたします。
a0125177_16223672.jpg
ぼ~っとした特徴的な顔つきの癒し系はにわ。
実は今、はにわや古墳などが一部の層や地域から注目されています。

まるっとかわいらしい、おすすめグッズを今回は一部ご紹介致します。

a0125177_16224227.jpg
はにわノート ¥350(+税)
全4種類,罫線と方眼タイプあり

a0125177_16224999.jpg
 
ポチ袋 ¥300(+税)  はんこ ¥300(+税)

くすっと笑えるようなアイテム盛りだくさんです。
是非この機会に店頭にてご覧下さい。

4階売場にて、はにわ達がお待ちしております。
a0125177_12004065.png


by tanbaya_goods | 2018-05-22 16:48 | 売場イベント・新コーナー
ブログ名が変わりましたよ!
4月より“Suzume”ファンになった、いちおしです。
みなさんこんにちは、かなりご無沙汰しておりました。

お気づきだとは思いますが、先週よりブログ名が変わりました。
そしてレポーター(メンバー)も増えました!

オフィシャルサイトくまじろうキッチンでお馴染みのくまじろうが「NISHIMURA」
というブログネームで、美食家と思いきや、B級グルメをこよなく愛するちょっと
ミステリアスな「チョコ・ミント」、そして好奇心旺盛で、寄り道・探検が大好き!
アクティビティーを楽しむ「モシャオ」、この3人が新たに加わり、
総勢6人でブログをお届けしていきます。
a0125177_16335393.png
これからは店内だけでなく「丹波屋を飛び出し、脚でレポートするぞ」という
意気込みをこめた新タイトル【12legs REPORT】。
出張レポートや、横山町界隈のお薦めランチ店などもご紹介していきます。

文体も写真も6者6様ですが、お客さまにお伝えしたい!という熱意は同じ。
レポーターとしてはみんなよりちょと先輩の僕ですから、今後はご無沙汰しないように
レポートあげていきたいと思います。


ファンになった“Suzume”ですが、
メンバーのおすすめスズメではなく、朝ドラの「鈴愛」さんです。
声もカワイイです。ここ最近の僕の元気の源です。

a0125177_14033323.jpg

by tanbaya_goods | 2018-05-21 15:54 | その他
神田金物道り「北出食堂」
a0125177_09301383.jpgご近所ランチ情報第2回目です♪本日は岩本町、神田金物通りの「北出食堂」 さん

丹波屋から見ると海渡さんや高校を抜けて少し歩きます。近くにアンティークボタンや雑貨のお店「CO-」さんもあってランチがてら雑貨を見たりも楽しめます。

「北出食堂」 は、店主北出茂雄氏が、NYブルックリンで数々のレストランを営む鈴木誠氏と共にオープン。もとは工場だった場所をリノベーションして生まれた空間だそうで、打ちっぱなしの壁や、高い天井、工場跡を思わせる2階への階段など、無骨ながらもとてもシンプルでいごごちの良い空間でした。




a0125177_09303114.jpg店内には、土曜日のランチタイムとあって、2階席にはお子さん連れのご家族やご予約済みなのか、テイクアウトをとりにこられたご婦人などもいらっしゃいました。

今日はものすごーくぺこぺこ。。。ではなかったので、軽くサンドイッチでもと思い、アジフライのサンドイッチをセレクトしました。自宅で作るサンドイッチといえば、タマゴかハムチーズの発想くらいしかないので、アジフライとパン?!ご飯じゃなくて?味が想像できない~。とワクワク♪

オーダーも済ませ、ほっとしたところで、素敵な瓶に入ったお水でのどを癒しながらの楽しいトークタイム。いごごちの良い空間だと、何時間でも話していたり座っていたくなりますね。時間に限りがあるのが残念でした。

a0125177_09305970.jpg

そしてついにアジフライサンドが登場!思っていたより見た目がっつり!サラダも添えてあり栄養バランスもばっちりで、美味しそう~。。。ちなみに奥に見えるのはサーモンのクリームソースパスタです。

丸いボウルに入っているのは、なんとバルサミコ酢。アジフライにつけてくださいとのこと。アジフライといえば、私はいつもはお洒落なイカリソース、じゃなくて醤油かブルドックソース。バルサミコとアジフライのコラボなんて今までうん十年生きてきて、考えも付かなかった未知の世界。おそるおそるまずは控えめに、一口ぱくっと食べてみると「爽やかあっさりでおいし----い」サンドの中に青じそも挟まれていて、さらに爽やかさUPでした!食欲の無いときでも、このサンドは食べられそう。厚切りのパンも、ほのかに甘くもっちりとした食感であっという間に完食。


a0125177_09311708.jpg

こんな風にちょこんと飛び出した尻尾があまりに可愛らしかったですが、可愛らしさも食欲には勝てず。。。尻尾も美味しくいただきました。

青じそに、バルサミコ酢。普段自分ではあまりセレクトしない食材や調味料ですが、これからの季節に向けて我が家でも常備したいなぁと感じました。

丹波屋からお店に向かうと、通る道によっては三叉路のようなところもあり、ちょっと迷いそうなのでお気をつけ下さいね。
(私たちは帰り道、一瞬迷いそうになりました!)

土曜日より平日のほうがランチメニューのバリエーションがあるみたいなので、次回は平日を狙いたいと思います。
<北出食堂>
〒101-0032 東京都千代田区岩本町1丁目13−5
火-金曜日 11:30~15:00、17:30~23:00 土曜日 11:30~23:00 日曜日 11:30~22:00 月曜定休日
※メニューや営業時間など、スタッフが食べに行った時点でのものになります。ご了承ください。a0125177_23375755.jpg







by tanbaya_goods | 2018-05-14 11:05 | ご近所ランチ情報
益子陶器市にいってきました!④ 作家さんたち
こんにちは!
毎度お世話になっております!


のつづきです。

窯元さんの見学が終わり陶器市会場に戻ります。

a0125177_08333033.jpg

しかし、すでに時間は15時過ぎ。
ゆっくり見る時間は無いので一点集中!
作家さんの出店が多いという”かまぐれの丘”に行くことに。

a0125177_08372044.jpg

いい感じ。
でも、翌日の悪天候もあってか早めに店じまいしそうな雰囲気。
やばいっ!140.png
急いで回らなきゃ!

a0125177_08393598.jpg
a0125177_08394937.jpg

しがみさこ さん
動物モチーフかわいい!

a0125177_08400498.jpg
a0125177_08400981.jpg

シモヤ ユミコ さん
独特の削ぎがいい雰囲気!

a0125177_08410515.jpg
a0125177_08410905.jpg
沼野 秀章 さん
使いよさそうな形と自然を閉じ込めたような質感!
好みですっ!
a0125177_16352182.jpg

かまぐれの丘以外も急ぎ足で!

a0125177_16353016.jpg

昆虫の標本屋さんの店先にも益子焼の虫が。106.png

a0125177_11304151.jpg
a0125177_16370448.jpg
a0125177_08540415.jpg

坂下 花子 さん
練り込み綺麗~!

a0125177_12075135.jpg
時間は遡りますが、こちらは窯元見学前にタクシーの待ち時間で立ち寄った会場。
a0125177_12081182.jpg
a0125177_17415112.jpg
吉澤 寛郎 さん
カッコいい~!
時間無くてゆっくりみれなかった~!145.png

16時をまわるとお客さんもまばらになり店じまい状態に。

次はプライベートで来て、ビール片手にゆっくりまわるぞ~!と誓い陶器市会場を後にしました。

帰りは列車のタイミングが合わず駅で1時間ほど待ちました。
真岡鐵道要注意!
時間を調べておくべきでしたね!

a0125177_08420012.jpg
今回ゲットした器たち。
a0125177_09044728.jpg
練り込みの豆皿1,500円
色が綺麗で買ってしまった。
ホントはもうちょっと大きい物が欲しかったのだけどお財布が…。

a0125177_09045446.jpg
粉引のたたら小皿500円
適当に切ったようなラフさとシンプルさが気に入りました。
菓子皿に使おうかな。
a0125177_09053656.jpg
粉引の中鉢3,600円
適当な深さがあるのでいろんな料理に使えそうです。
カイラギのような自然が作り出した細かい模様がたまりません!
作家さんに「カイラギですか?」ときいたら、
カイラギは釉薬のヒビでこれは泥のヒビとのこと。
化粧土というやつかな?
通常生地を半乾きにしてかけるところを、
完全に乾燥した状態でかけると水分がとられてヒビが入り、
このような模様の粉引になるそうです。
その上に透明釉を掛けているんですね。きっと。
現場を見れば一発でわかるんでしょうけど、
説明を聞くだけだとなかなか難しい…。
窯元さんを見学すると感覚的にわかることが増えて、
より陶器を楽しめるようになりますね。
今回はとてもいい経験をさせてもらいました。
釉薬はこの作家さんも自宅の薪ストーブの灰で作るんだそうです。
おもしろいなー。
このシリーズは陶器市などで直販しかしていないんだそうです。
残念。
しかし個人的にはホクホク。

a0125177_09054768.jpg
早速焼きそば盛ってみました。
見た目もおいし~!

4回にわたった益子出張の報告も以上です。
盛りだくさんの内容に興奮して撮りまくった写真を載せたくて、
なんだかダラダラと長い報告になり読みにくくなってしまったかもしれませんね。
お付き合いいただき誠にありがとうございます!

ご来店お待ちしております!








a0125177_16321353.png


by tanbaya_goods | 2018-05-12 11:20 | 出張レポ
益子陶器市に行って来ました!③ 窯元見学
こんにちは!
毎度お世話になっております!
2F売場の西村です。


益子陶器市に行って来ました!② G+OO様訪問

のつづきです。

次はわかさま陶芸の工房見学へ。
陶器市会場から離れているのでタクシーで向かいます。
窯元さんの見学なんて初めての経験!

ワクワク!104.png

タクシーで10分程の山の中に工房はありました。
a0125177_17510259.jpg
周りは山!山!山!。この大自然に囲まれてあのぬくもりのある器が生み出されるのですね。
a0125177_17041120.jpg
成形した土が乾燥の為に屋根の上にまで並べられています。
a0125177_17544187.jpg

ずらーっとならぶ型。
窯元って感じがします!
「ごめんくださーい!」
と工房に入るとお弟子さんが一人でマグに取っ手を付ける作業をしていました。

a0125177_18020546.jpg
a0125177_18032744.jpg
a0125177_18035702.jpg
a0125177_18042703.jpg

こんな風に取っ手を着けるんですね。

親方から聞いていないですと言いつつも親切に説明、案内して下さる優しいお弟子さん。
a0125177_16451256.jpg
奥の部屋ではとってもシャイなお弟子さんが土練をされていました。
この機械が土錬機で水分などの土質を均一になるように練ります。
a0125177_16341585.jpg

こちらが原土。加工する際に出たカスも再生します。

a0125177_16555865.jpg

これは投射ロクロというもの。

a0125177_16560526.jpg
この型をセットして中に土をいれ、回転させたところにレバーを下すと形が出来上がります。
a0125177_16561271.jpg
このまま少し乾かすとスポッととれるそうです。
a0125177_17040013.jpg
コーヒードリッパーなど型では作れないものはこのろくろで親方(若林さん)が作るそうです。
a0125177_17561890.jpg
こちらはタタラ作りですね。
土を平たく伸ばしています。
a0125177_17562528.jpg
型に当てて、余分な土をピーラーのような道具で削り取っています。
a0125177_17562818.jpg
出来上がり。支えに使っているのは竹割にしたゴムホース。
これは親方のアイデアなんですと教えてくれました。
若林さんによるとゴムは弾力があるので、
生地が乾燥して縮んでも追随してくれるから最適なんだそうです。
考えられてますね~!
a0125177_17014286.jpg
乾燥後は素焼きをします。
a0125177_17122448.jpg
様々な釉薬がバケツに入っています。
秋にはもみ殻の灰から釉薬の原料を作るそうです。
本当に陶器というものには自然が息づいている気がしますね。
a0125177_17242842.jpg
この釉薬に素焼きの器をくぐらせたものがこちら。
よく見ると釉薬が厚くかかっている部分があります。
重力や釉薬の質などで生まれるこういった自然のムラが味を生みます。
a0125177_17250098.jpg

釉薬は焼くことでガラス質のコーティングになります。

窯の中でくっつかないように底の釉薬を削り取ります。
a0125177_17405175.jpg

いよいよ窯で焼きます。

a0125177_17463784.jpg

このところどころに置かれたツノみたいなやつはオルトンコーンというもので、

焼成中に小窓から中を覗き、このツノの傾き具合をみて器の状態に目安にするそうです。
a0125177_17510893.jpg

この窯があるところには崩れた登り窯があります。

わかさま陶芸さんより前の窯元が作ったもののようですが、
震災の日に崩れてそのままなんだそうです。
a0125177_17390243.jpg
本焼き中。
1日かけて焼き、2日かけて冷まします。
窯出しは何度経験してもどんなふうに仕上がるか緊張するのだそうです。
a0125177_17480913.jpg
そうして焼きあがった器たちはこの倉庫に保管され、
順番に発送されて行きます。
早く丹波屋にも来ないかな~!
a0125177_18032801.jpg
「そろそろ陶器市会場に戻ります。」とあいさつしていたら、
雨が降り出し皆さん総出で乾燥中の生地を屋根の下へ。
こういうところも含めて自然と一体になって作っている感覚がして面白かったです。
貴重な体験をさせていただきました。
お忙しい中見学をさせて下さったお弟子さんや従業員の方々、ありがとうございました!

大変興味深くて写真撮りまくって記事がこんな長くなってしまった!105.png
次はまた陶器市会場に戻ります。

益子陶器市に行って来ました!④ 作家さんたち

につづく





a0125177_16321353.png


by tanbaya_goods | 2018-05-11 11:03 | 出張レポ